Training
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業で旅行

企業の福利厚生で旅行を企画するときの平均費用

企業経営者が社員の福利厚生を考える場合には、みんなに喜ばれる社員旅行を企画するべきである。特に最近では複数の旅行会社の一括見積も気軽に利用できるので、低料金で誰もが楽しめる旅行を企画できるであろう。その場合には日帰りであれば、一人当たり1万円前後が標準的な費用である。日帰りの社員旅行であれば、誰でも気軽に参加できるので、社員だけではなくて家族も招待するのに最適であろう。また一方で忘年会や新年会を兼ねた社員旅行であれば、2泊3日程度が標準的であり、平均的な費用は3万円前後であろう。特に露天風呂のある温泉地が大人気であり、宴会やカラオケ大会のような企画も考えることで、社員全員が心行くまで楽しめるであろう。

親睦を深めるための旅行プランの特徴

最近では社員旅行のスタイルも大きく変化しており、特に会社全体ではなくて部署ごとに企画するケースも増加傾向である。部署ごとに社員旅行に出かけることで、同僚の間の親睦が深められるメリットを実感できるであろう。また社員一人一人の好みも多様なので、団体で観光を楽しむ以外にも、一人一人がオプションで個人行動も楽しめるプランも魅力的である。また単に旅行を楽しむだけではなくて、仕事にも生かせるような研修を組み込むタイプも大人気である。そのために予算にゆとりのある企業の場合には、語学研修も兼ねた海外旅行も魅力的であろう。また旅行先で様々な工場などを見学することで、今後仕事を行う上でも役立てることが可能であろう。

働きやすい企業

近年では、男女の雇用を均等にするために、女性でも働きやすい環境を整える事が行われるようになりました。そのため、企業は企業保育などを積極的に行なうようになっているので女性でも積極的に働ける環境づくりが強化されています。

read more

企業保育の設置

近年では、子どもを持つ社員の方のために企業保育を設置する企業が増えています。なぜなら、企業のイメージアップなどもきたいできますし保育園などを探す社員のストレスなども軽減できるからです。

read more

イチオシ記事

育児を行なう女性に

女性は子どもを産んで育てるという期間がどうしても必要になってきます。そのため、企業に努めている女性には育児休暇などが必要になってきます。また、近年では企業内保育なども存在するので環境の整った職場で働きましょう。

more

安心できる

医療関係の仕事内容は、人材が足りなくなっているということが現状にあります。そのため、育児をしながら仕事ができるように病院内保育という保育施設が病院内で多くできています。

more