企業保育の設置

妊娠、出産を退縮の理由にさせたくない

企業内保育を設置する企業が増えています。設置のニュースが流れると、その企業のイメージアップにもつながるようです。企業内保育とは勤務者を対象とした保育園のことです。企業内保育をすることで、女性が産休を取りやすくなります。主に都心では保育園が見つからず、やむなく産休をのばしたりする母親が数多くいます。又、保育園は見つかったものの職場からも自宅からも遠く送迎に非常に苦労する母親もいます。これらを解消できるのが企業内保育です。企業にとっても女性が活躍できる会社が作れます。これから就職する女性たちからも支持を得やすく、優秀な人材を確保できるでしょう。ただ企業内保育園をゼロから始めるのは大変でしょう。人材やノウハウはすぐに集まるものではありません。そうした企業のために、企業内保育の運営委託会社があります。

運営を専門会社に委託することで得られるメリット

企業内保育の運営を専門に行っている会社があります。こういった専門業者に任せることは大いにメリットがあります。まずは手間が省けます。責任者、保育士探し、教育研修などもすべて運営会社に任せることができます。労務管理の手間も省けます。認可外施設監査もすべて運営会社が責任を持っておこないます。さらには、各自治体の助成金支給を受けるためのノウハウもあります。そして何より、実績のある運営会社が保育することで、預ける側の母親の安心感も増すことでしょう。せっかく企業内保育園を設置しても利用者が少なければ、運営は成り立ちません。保育の質が高ければ、保育園の定着化を図ることができるでしょう。企業の就業形態にあった保育園作りが大切です。